2010 Western Conference Finals
LAL vs PHX

May 17, 2010
GAME1 @LAL
コービーが3Qだけで21得点、全体で40得点。試合の要所で得点を決めるさすがのプレーぶり。シャノン・ブラウンがスタウドマイヤーを飛び越えてダンクしようとしたプレーも印象的でした。
May 19, 2010
GAME2 @LAL
前半レイカーズがリード、3Q終盤にサンズが同点に追い付きますが、4Qはレイカーズがコービーを中心にサンズを圧倒。コービーは13アシスト21得点。
May 23, 2010
GAME3 @PHX
サンズはスタウドマイヤーが42得点の活躍、ロペスの動きも良く試合をリード。それでも最後まで逆転を予感させるレイカーズの力はさすが。お互いに動きの激しい、「サンズ対レイカーズ」らしい試合。
May 25, 2010
GAME4 @PHX
サンズは2Qセカンドチームが爆発、不調だったフライも立て続けに3Pを得点。その後レイカーズが詰め寄りますが、4Q再びセカンドチームが好調、レイカーズを再度突き放します。両チームの持ち味が出た好ゲーム。
May 27, 2010
GAME5 @LAL
序盤サンズが積極攻勢、しかし徐々にレイカーズが突き放し、3Q最大15点差。その後サンズが3P攻勢で巻き返し、4Q4分を切ってついに3点差。サンズ最後の攻撃、3点を追って必死の3P試投3連発がついに決まり同点。最後の最後、試合を決めたのは意外な選手でした。今季プレーオフ中最もエキサイティングな試合
May 29, 2010
GAME6 @PHX
前半終盤、レイカーズが点差を付けますが後半サンズも反撃。しかしコービーが要所で得点し、なかなか差が縮まりません。ここでブヤチッチがドラジッチにフレグラントFをしてしまい、流れは一気にサンズへ。しかし最後は、やはりコービーが厳しいディフェンスをものともせずに得点を決めて勝負を決めます。

トップ




100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!