1988 REGULAR-SEASON BULLS-PISTONS

(1) この頃のジョーダンは、まだ髪を剃っていませんね。このシーズンも得点王とスチール王になっています。 (2) ピストンズのアイザイア・トーマス。フリースローを外してはにかんでいるところ。 (3) ピストンズを率いるチャック・デイリーヘッドコーチ。1992年ドリームチームのヘッドコーチも勤めました。
(4) ブルズではチャールズ・オークリー、 (5) ピストンズではレインビアあたりが両エースを支えています。 (6) 1Q終了。
(7) 2Qからロッドマン出場。髪はレインボーカラーではありませんが、ふてぶてしい態度は昔から。 (8) パクソンも出てきます。口ひげを生やしていますね。 (9) 2Q終了。ジョーダンすでに34ポイント。
(10) 超ロングパスを決めたジョーダンのVサイン。 (11) ジョーダン・ルール(ジョーダンに対するダブル・チーム、トリプル・チーム)のテレビ解説 (12) 3Q終了。
(13) リバウンドの取り合いで倒れるロドマン。 (14) ジョーダンのカットインを3人がかりでつぶしに行く。 (15) 残り1分28秒で110対110の同点。結末は?

トップ




100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!