1980年ファイナル、レイカーズ対シクサーズ第6戦です。

■マジック・ジョンソンが、新人にして初優勝を決めた試合です。第5戦でチームの大黒柱カリーム・アブドゥル・ジャバーをケガで失い、ピンチになったレイカーズですが、マジック・ジョンソンが5つのポジションすべてをこなす離れ業で優勝します。マジック・ジョンソンのプレーは、マイケル・ジョーダンのような超人的肉体能力のすごさよりも、プレーのうまさがすごいですよね(マイケル・ジョーダンにうまさがないと言っているわけではありません)。パスのすごさはこの頃から健在です。シクサーズにも、スラムダンク・コンテストではフリースローラインからのダンクを成功させた、ドクターJことジュリアス・アービングがいて楽しめます。




100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!